メニュー
電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ
ABOUT TAPタップについて
  1. 株式会社タップホーム
  2. タップについて
  3. ホスピタリティサービスをテクノロジーで実現する

ホスピタリティサービスをテクノロジーで実現するABOUT HOSPITALITY SERVICE ENGINEERING

ホスピタリティサービスをテクノロジーで実現する

ソフトウェアカンパニーから
エンジニアリングカンパニーへの変革

コモディティ化からの脱却

インターネットの普及にともない、さまざまなモノ・コトのコモディティ化が進みました。 他社との差異がなくなったからと価格競争をするだけでは施設の運営を継続していくことは難しく、これからの宿泊施設は社会情勢やトレンドを注視し時代にあわせた柔軟な施設運営が必要になると考えます。

最良のサービスとは何か

また、宿泊施設を含めた多くの接客業において「おもてなし」は重要な要素です。 「おもてなし」の難しいところは、ゲストが当初感じた感謝や感動がいつしか当たり前のものになってしまうことです。 継続することでブランドとして醸成されるものではありますが、提供するサービスの品質を保ち続けるためには多大な努力が必要とされます。 これらのことから宿泊施設において施設もヒトもサービスも、すべてのものが常に最良が何であるかを検討しアップデートが求められます。

テクノロジーを活用した顧客満足向上と生産性向上

タップでは宿泊施設のより良い施設運営をサポートするために、先進技術による、安心・安全・清潔・エコ・コンビニエンスな宿泊体験と効率化、新たな宿泊業の価値創造に取り組んでまいります。

具体的には、宿泊施設で行われている様々な接客サービスを、「人にしかできないサービス(ホスピタリティ)」と「作業としてのサービス」とに仕分けし、「作業としてのサービス」をテクノロジーを活用したしくみに変換する方法により、顧客満足や生産性の向上を追求していきます。

テクノロジーを活用した顧客満足向上と生産性向上

宿泊施設の新しい価値創造

宿泊施設の新しい価値創造

宿泊という経験の中でゲストに提供できるコト・モノは、まだまだ数多くあると我々は考えています。

テレビ・ネット・SNSなどメディアの選択肢が増えたことで、各個人の行動属性がより細分化されている中、今後は大衆向けのサービスからより個人に向き合ったサービスの提供が求められると予測します。

宿泊施設とタップ、さらにはパートナー企業が共創することで、新たな技術を積極的に活用した個々のゲストに応じた空間提供や、どなたにも垣根なく宿泊を体験していただけるアクセシビリティに配慮した施設など、新しい価値を宿泊施設・ゲストが体験できるようになると考えます。

効率的なオペレーションと宿泊体験価値の向上

効率的なオペレーションと宿泊体験価値の向上

国内人口が減少している中、ホテル市場においては人材不足が大きな課題となっています。限られた中で最適なオペレーションを提供するためには、サービスを「ホスピタリティ」と「作業」にわけることで、効率化や生産性・体験価値向上に転換していくことが求められます。

効率的なオペレーションを構築するために、「作業」は技術を活用することで省力化し、より価値の高い「ホスピタリティ」に従業員が注力することができれば、ゲストへの体験価値向上に繋がり施設全体の価値向上が期待できます。

さまざまな技術を活用したモバイルチェックインや、ロボット配送、客室家電コントロール、生体認証(顔認証や静脈認証など)による施設内機能の利用などは、施設運営における効率化・生産性の向上だけではなく、それら自体がゲストの宿泊体験の価値向上に繋がる可能性も含んでいます。

開発例

スマートPMS「tapAppli」による新しい顧客体験

SDGsに向けた新たな施設マネジメント

SDGsに向けた新たな施設マネジメント

我々は宿泊施設の新しい価値創造、効率的なオペレーションと宿泊体験価値の向上に貢献するために、機能に特化したホテルシステムから施設全体の運営を管理できるコアとしてのホテルシステムに進化する必要があると考えました。

ホテルシステム(PMS)を中心にした、施設全体の管理も含めたファシリティマネジメントを実現できる仕組みを構築することによって、新たな価値創造や持続可能な生産・消費の実現をお手伝いし、SDGsへの取り組みにも繋がる未来志向の施設運営をお手伝いすることをお約束します。

未来のホスピタリティをリードする会社

我々のミッションは、提案することではなく実現できるまでやりきることです。
「サービス」ではなく「ホスピタリティ」を追求することを大切にしています。

ホスピタリティの追求には、宿泊施設様自身も見逃していた課題を見つけ出す気付く力が重要であると考えます。解決すべき真の課題・目的を見つけ出し、さまざまなヒトやモノを繋ぎ合わせテクノロジーをサービスに変換します。

我々は設立以来、一環してホテルシステムの専業ベンダーとしてさまざまなシステムの開発を実行してまいりました。

社会の進化とともに、宿泊施設様はもちろんゲストにとって最良のホスピタリティとは何かを考え、ホテルエンジニアリング会社として皆様と共に進化していきたいと考えています。

「変化のきっかけを作る」という意味をこめた我々タップは、社会情勢を鑑みた新たなサービスや機能、人材不足を解消するための省力化、収益の最大化に繋がる生産性の向上など、未来のホスピタリティを創造するため、さまざまな分野のパートナーと協力しホスピタリティサービスをリードします。