メニュー
電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ
HOTEL SYSTEMタップの考えるホテルシステム
  1. 株式会社タップホーム
  2. タップの考えるホテルシステム

タップホテルシステムの特徴PROPERTY MANAGEMENT SYSTEM

タップはホテル情報システム専門の会社です。

私たちタップは1985年の設立以来、ホテルに必要な数々のシステムをソフトウェア機能として、活用していただけるよう商品化してきました。

全国約1,000施設以上の導入実績から蓄積されたノウハウを投入したトータルシステムの構築を行います。

また数々の全国有名ホテルをユ一ザーに持ち、システム設計・開発はもちろん、経営・運営 に関するコンサルティングにおいても高い支持を受けています。

ホテルに必要な機能を商品化
ノウハウを投入したトータルシステムの構築

営業系から基幹系までトータルシステムを開発しております。

フロントシステムから財務経理、マネージメント支援システムまで、すべてのサブシステムをラインナップにそろえています。

各システム間のインターフェースが不要なことはもちろん、設計思想が統一されています。

システム相互関係図

すべてのシステムを自社開発、導入から保守までを
ワンストップサービスでご提供いたします。

システムは基本的に自社開発しております。
東京・沖縄を拠点にシステムの開発から導入、保守・運用までを「専門知識をもった」スタッフがサポートします。

SEの異動がないことから、一環した開発・導入・保守体制が維持できます。
導入後のフォローアップも万全ですので、何でもご相談ください。

すべてのシステムを自社開発

タップホテルシステムの設計思想

背景

~1990年代 2000年代 2010年代 2020年代~
国内経済 右肩上がり
(インフレ)
デフレ 当面横ばい状態
国内人口 横ばい 減少もしくは横ばい 減少
ホテル市場 全体的に不足 全体的に飽和状態

継続した飽和状態

一部供給不足(インバウンド増)

ネットワーク
環境
構内から構外へ ネットワーク環境の普及 クラウドコンピューティングの普及
ソーシャルネットワークの広がり
ITの
位置づけ
便利な道具
としての延長
営業支援・マネジメント支援
としての利用
ホテル運営の道標の一端 マイホテルマイオペレーション
マイホテルマイリクエスト

タップホテルシステム設計思想

~1990年代 2000年代 2010年 2020年代~
代表的な
思想
  • 合理化
  • 業務効率
  • 正確性
  • 利益の効率化
  • コスト分配の見直し
  • マーケティング対応
  • ネットワーク環境下での稼動
  • 収益管理(予測)
  • マネジメント支援
  • 監査、情報セキュリティの強化
  • レビュテーションマネジメント利用環境の多様化
  • 雇用人口不足
  • インバウンドへの対応
  • グローバル化(宿泊業)
  • 宿泊施設の人材不足
  • 生産性向上
  • PMSのプラットフォーム化
  • サービス工学の視点
  • テクノロジーをサービスに変換
  • AI ・ビッグデータの活用
代表的な
導入目的
効果
  • 部門単位
    (サブシステムでのオペレーションの合理化)
  • システム化によるミスの防止
  • 労働時間の短縮(省略化)
  • 全社統一システムの構築
  • 部門データ連携
    (二重入力廃止)
  • 業務監査概念の導入
  • 経営分析への利用
  • 固定費の変動化
    (パート・アルバイトによるオペレーション)
  • 多彩な商品企画への対応
    →複雑な料金、変動する料金
  • 販売チャネルの拡大
    →TL、インターネット、CRSとの連動
  • マーケティングへの対応重視
  • 個人情報保護法対応
  • レベニューマネジメント支援
    →従来のレベニューマネジメントの見直し
  • ホテル本来のCRMの確立
  • SFAの導入
  • 新しい分析手法の採用
    →結果分析から予測分析へ
  • 内部統制
  • ソーシャルネットワーク情報の分析
    (口コミ情報)
  • 多機能携帯端末(タブレット・スマートフォン等)の利用
  • AIの導入
  • ロボットの活用
  • 海外チャネルとの連動 ・多言語化
  • スマートPMS
  • システムとWebの親和性
  • IoT進歩への対応
  • ・キャッシュレス
  • ・スマートキー
  • ・チャットボット
  • ・スマートスピーカー
  • ・認証システム
  • ・VR・ドローン
  • ダイナミックプライシング
  • セキュリティの強化

フロントシステムから財務経理、マネージメント支援システムまで、すべてのサブシステムをラインナップにそろえています。
各システム間のインターフェースが不要なことはもちろん、設計思想が統一されています。